記事詳細

「俺じゃどうにもならない」嵐・大野智が頼った松本潤 ネット「じいまごで中華デートとかいいな~」 (1/2ページ)

 1月31日に放送された「VS嵐」(フジテレビ系)のオープニングで、嵐メンバーがプライベートでの交流話を披露。仲のよさがにじみ出るトークにSNSでファンが盛り上がった。

 1月最終日の放送ということで、この日のオープニングトークのテーマは「1月をどう過ごしていたか」。真っ先に手を挙げた相葉雅紀(36)は「仕事始めが翔ちゃんと同じ日だったんですよ」と切り出し、櫻井翔(38)とともに過ごしたその日について話し始めた。

 その内容は、現在開催中のツアーのリハーサルだが、2人は「単なる(振り付けなどの)思い出し」(相葉)、「分かりやすく言うと自主練」(櫻井)。ひと通りのリハーサルを終え、その後、2人で食事に行く流れに。今までなら肉メーンだったものも、相葉によると、櫻井の「お蕎麦じゃね?」という発言から、「個室で2人でゆっくりお蕎麦を食べるっていう」という展開になったのだという。その変化を「大人な感じがしましたよ」と回顧した。

 2人のやりとり受け、松本潤(35)が「こないださ、珍しくリーダーから『この店知ってる?』って言われて。『行ったことないけど、俺も興味あったんだよね』って言って」とコメント。そして「(大野が)『そこ行きたいんだよ』って言うから、『じゃあ(予約を)取りますか』って言って、2人で(中華料理を食べに行った)」と明かした。このエピソードにスタジオからは驚きの声があがった。

 大野智(38)は「その店がね、なかなか予約とか取れない店で。俺じゃどうにもならない」と苦笑い。お店の情報に興味を持ちつつも、ツテがなくて困っていたのだという。そこで、嵐の“ツテモンスター”である松本に目をつけ、「お!いたな!と思って(笑)」と大野。松本の力に甘えることで、念願を叶えたと明かした。

関連ニュース