記事詳細

ジャニーズ野球大会でV6森田剛が嵐・二宮和也をダンスレッスン ニノ「あの人、最悪なのよ(笑)」

 1月31日に放送された「VS嵐」(フジテレビ系)にV6・三宅健(39)がゲスト出演。若かりし頃のメンバー・森田剛(39)のいたずらエピソードを明かし、番組を盛り上げた。

 この日、三宅は嵐チームのプラスワンゲストとして登場した。最近の嵐との交流エピソードを聞かれると、「ジャニーズカウントダウンコンサートが終わって着替えてたんですよ。パッと見たら相葉が腹筋バキバキで」と三宅。相葉雅紀(36)の鍛え上げられた腹筋に驚いたと述べた。

 そばにいた櫻井翔(38)にも目を向けると、こちらの腹筋も割れており、「櫻井も割れてんじゃんって話てて」と盛り上がっていたとか。そこに入ってきたのが二宮和也(35)。「『健くん、これ見てよ』って(おなかを出してきたから)、見たらすんごいお腹してるの」と三宅。まん丸のおなかをしていたといい、「七福神かと思った」という絶妙な例えでスタジオを沸かせた。

 さらに“ジャニーズカウントダウン”の振り付けが直前で覚えるのが大変だという話題から、三宅は「昔、野球大会でも踊らされてたよな」と切り出し、以前行われてたジャニーズ野球大会について言及した。「俺、覚えてるもん。剛が二宮か誰かに嘘の振り付け教えて…」と森田のエピソードを懐かしそうに語ると、二宮も当時を思い出したようで「あの人、最悪なのよ(笑)」と力を込め、笑いを誘った。当時、本番直前に森田を見ると「ニヤニヤしてるんだよ。あ、これ絶対(振り付けが)違うんだと思って、ちょっとしゃがんだもんね(笑)」と二宮。先輩を目立たせることで自身のピンチを回避したという。

 この懐かしい野球大会でのエピソードにファンは即反応。「健くんから語れる剛くんのエピソードいいな~」「剛健の悪ガキエピソードもっと聞きたい」「悪ガキな剛健も尊いし、イジられてる若いニノもかわいい!」とSNSは大盛り上がりとなった。(zakzak編集部)

関連ニュース