記事詳細

【シネマパラダイス】55年の時を経て再び…名作のDNAも継承! 「メリー・ポピンズ リターンズ」

 1964年にジュリー・アンドリュース主演でアカデミー賞5部門を受賞した『メリー・ポピンズ』の続編が55年の時を経て登場! 監督は『シカゴ』のロブ・マーシャル。大恐慌時代のロンドン。バンクス家の長男でかつて少年だったマイケル(ベン・ウィショー)も今では家庭を持つ親になっていた。だが、妻を亡くしてから、何をやってもうまくいかず、融資の返済期限切れで家を失う大ピンチに。そんなとき、空から舞い降りてきたのが、魔法使いのメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)だった!

 アニメと実写の融合、鮮やかな映像、見事なミュージカルシーンなど、名作のDNAは継承! 上映時間2時間11分。1日公開。

 【ホンネ】楽しくてハッピーな作品だが、前作が大好きな私にとってどの楽曲もしっくりこないのが残念。期待しすぎたか。聞き慣れたらアリなのだろう、多分。(映画評論家・安保有希子) ★★★

 ★5つで満点

関連ニュース