記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】嵐、記録的“活動休止ビジネス”に

 嵐の解散を受け、多くの皮算用がはじかれ、メディアの紙面を飾った。

 「昔は山口百恵さんが引退してもキャンディーズが解散しても、そんな報道はなかった。ところが今は安室奈美恵さんが引退してもカネ、嵐が活動休止を発表してもカネ。それが今の時代なんでしょうけどね」とスポーツ紙編集委員。

 「ただ儲けるカネの話を書く分にはどこからも文句が来ない。イケイケドンドンなんです」

 活動休止までの2年間でいくら稼げるのか。経済効果が3000億円超とも報じられる。

 「実際、会見の翌日からCDやDVDのバックオーダーが増え、ファンクラブの会員も15万人近く急増しています。“嵐ブランド”の強さですね。記録的な“活動休止ビジネス”になるでしょうね」と女性誌記者は注視する。

 今回、解散ではなく活動休止を選択したため、ジャニーズ事務所はいずれ、重大な結論を迫られる。言葉に力を込めるのは、ベテラン芸能ライターだ。

 「解散ならファンクラブも清算。ところが活動休止の場合、ファンクラブは残る。それが大きい。嵐の場合、年会費だけで100億円を超える。ファンクラブって研究開発費もなければ余分な在庫を抱えることもありませんから、ほぼほぼ真水の収入なんです」

 コンサートチケットを取りたいがためにファンクラブに入る人は多い。コンサートが絶対にない期間も年会費4000円を取り続けるのか。それはちょっと、嵐の清々しさとは違う気がする。

関連ニュース