記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】黒木メイサ、ひと目ぼれするファーストショットの衝撃 2007年「拝啓、父上様」ヒロイン (1/2ページ)

 先週の芸能ニュースは衝撃的なものばかりでした。人気俳優の強制性交容疑での逮捕。多くの出演作があり、配信停止、新作の公開延期などなど業界はてんやわんやの状態に。

 そして、国民的アイドルグループ『嵐』の活動休止宣言。あらゆるものは“永遠”ではないのですが、やはり嵐ショックは計り知れません。

 さらに派生し、記者会見で「無責任という意見もありますが?」という質問にネット上は喧々囂々(けんけんごうごう)となっております。

 同会見を見ておりましたが、コメントをサポートし合うチームワークの良さを感じました。また櫻井翔氏のコメント力は素晴らしい。

 個人的には俳優としての二宮和也氏推し。

 初めて彼を認識したのは、1998年の元日に放送された松本清張原作ドラマ「天城越え」(TBS)。

 当時まだ彼は丸坊主の14歳で『嵐』の結成前でした。

 しかし、表情、いや目だけでも納得させる芝居ができ「この子役はすごいな」と思った記憶がございます。

 その後のドラマでは2007年の『拝啓、父上様』(フジテレビ系)が好きな作品です。すでに俳優として評価されておりましたが、倉本聰氏の脚本らしい語りの巧みさがナイスでした。

 この作品で、ヒロインを演じたのが黒木メイサ様です。

関連ニュース