記事詳細

山本裕典、活動再開も不穏な“パリピ人脈” 関係者「ギャラ飲み、パパ活の温床に」 (1/2ページ)

 契約違反を理由に所属事務所を解雇され、休業していたイケメン俳優、山本裕典(31)の復活。先日、誕生日(1月19日)と俳優活動再開を祝福するパーティーが都内のクラブで2度にわたって華々しく行われたというが、彼の開くパーティーをめぐって、何やら不穏な“パリピ(パーティー・ピープル)人脈”が浮かんでくる。

 1月20日に六本木のクラブで、27日には渋谷のクラブで開催されたパーティーは大盛況だったという。深夜1時に美女が数十人も集まった様子は写真週刊誌「FRIDAY」でも報じられた。

 「イケメン俳優は、一般人とのツーショットがNGという人も少なくありませんが、パーティーでツーショットを許す山本裕典は人気者です」と芸能関係者。

 2017年3月、契約違反を理由に所属事務所から解雇され、俳優業を休業していた山本が、3月の舞台『となりのホールスター』にて俳優活動を再開する。

 昨年、山本はY2名義でDJ活動を開始し、芸能プロダクションを設立している。そんな動きに呼応するかのように、山本が主催するパーティーは増えていたようだ。

 「参加費は女性が無料から2000円ということもあり、女性客が7割占めますが、山本を目当てにしているだけではありません。ギャラ飲み、パパ活の温床にもなっているのです」とパーティー関係者は明かす。

 どういうことか。

関連ニュース