記事詳細

【ぴいぷる】瑛太、監督の罵声に「うれしくて大笑い」 時代劇専門チャンネル開局20周年記念『闇の歯車』主演 (3/3ページ)

 今回の作品を演じて、時代劇をしっかりできる俳優になりたいとも語る。

 「僕の場合、英語を流ちょうに話せるようになってハリウッド映画に出るよりも、日本の時代劇を海外の人に認めてもらうという方が向いているかな。時代劇にはフィクションならではの面白さがあって、『こんな人間もいただろうな』と何をしたっていいはずなんです。可能性も広がります。『闇の歯車』のように、チャレンジしている時代劇が、もっともっと増えてほしいと思いますね」(ペン・鈴木恭平 カメラ・矢島康弘)

 ■瑛太(えいた) 1982年12月13日生まれ。36歳。東京都出身。2001年に「さよなら、小津先生」(フジ)で俳優デビュー。ドラマは「WATER BOYS」(フジ)、「アンフェア」(同)、「のだめカンタービレ」(同)、「ラスト・フレンズ」(同)、「まほろ駅前番外地」(テレ東)など。大河ドラマは「篤姫」「西郷どん」。映画は「ディア・ドクター」「64-ロクヨン-」「友罪」など。現在、音楽劇「世界は一人」(2月24日から東京芸術劇場)の稽古の真っ最中。妻は歌手の木村カエラ。

関連ニュース