記事詳細

【シネマパラダイス】人類初の月面着陸に成功、ニール・アームストロングの半生描く「ファースト・マン」

 1969年、人類初の月面着陸に成功した宇宙飛行士、ニール・アームストロングの半生を描く伝記映画。主演にライアン・ゴズリング。妻に「蜘蛛の巣を払う女」のクレア・フォイ。監督は「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル。8日公開。2時間21分。

 61年、空軍テストパイロットのアームストロングはNASAの宇宙飛行士に選抜される。ソ連に後れを取る宇宙開発で挽回せんと、人類未踏の月面着陸のため苛酷な訓練を積んでいく。

 【ホンネ】目的に一意専心する監督の根性はスゴイ。今回は“主人公と同一視点で、月面着陸への道程をリアルに体感させる”こと。苦行のような激しい揺れと軋み音の末にたどり着く、静寂に包まれた決定的瞬間、目を見開く! 非常に意欲的で素晴らしいが、物語に心揺さぶられずじまいで、今ひとつ食い足りない。 (映画評論家・折田千鶴子)★★★

 ★5つで満点

関連ニュース