記事詳細

【大人のTV】日本映画史上類を見ない過酷ロケが4Kで復活! 「八甲田山」 (1/2ページ)

★「八甲田山」(BSフジ、17日午後7時)

 言わずと知れた1977年公開の超大作。日本映画史上類を見ない過酷なロケとして伝説となっている作品が、高精細画質の4Kで復活した。

 原作は山岳小説の大家、新田次郎の「八甲田山 死の彷徨」。監督・森谷司郎、脚本・橋本忍、撮影・木村大作とスタッフも豪華なら、キャストも高倉健、北大路欣也、丹波哲郎、三国連太郎、緒形拳、加山雄三…ととんでもなく豪華だ。

 日露戦争開戦を目前にした明治34年末。厳冬の八甲田山で寒地訓練を行うことになった神田大尉の青森第5連隊と徳島大尉の弘前第31連隊。しかし自然の猛威はすさまじく神田隊は200人を超える犠牲を出す。

 上層部の介入により命令系統が混乱したことで起きた神田隊の悲劇は、組織マネジメントの重要性を現代に伝える事例としても語り継がれる。

 しかし、何よりもエンターテインメント作品として面白いのだ。実際に雪の八甲田山で撮影した映像は、人が立ち入ることを拒むようなすさまじさを映し出している。これはぜひ4Kで見てみたいところだ。

関連ニュース