記事詳細

『香取・草なぎ・稲垣』元スマの逆襲! 独立から1年、王道アイドル復活の真相… 「これが始まり」 (1/2ページ)

 元SMAPの稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(42)がついに逆襲に転じた。今春で稲垣のレギュラー番組が終わることで、いよいよ地上波から遠ざかっていくことになるが、一方で3人はアイドル活動を復活させるという“禁断の地”に再び踏み込んだのだ。なぜ再びアイドルなのか。

 16日、ジャニーズ事務所独立後初のファンイベントを東京都内で行った香取ら3人。2公演行われたファンクラブ会員限定のイベントには約1万6000人のファンが詰めかけたという。

 3人はステージで歌い踊っただけでなく、ファンと直接触れ合うゲームコーナーまで行い、まさに“王道アイドル”のイベントの様相だったが、香取はファンに向かって「これが始まりだと思っているので、みんなよろしく」とアピールしたのだった。

 さらには集まった報道陣を前に、香取は「僕らみたいな仕事は支えてくれるファンの方が大事。皆さんの笑顔のために走り抜けてほしい」と嵐にエールを送る余裕すらみせた。

 果たして、香取がいう「始まり」とは何なのか。一方で「終わり」を迎えるものもある。

 「新しい地図」の3人にとって、民放では唯一残っていた地上波レギュラー番組「ゴロウ・デラックス」(TBS系)が今春に終了することになったという。稲垣がMCを務め、「巷で話題の本からベストセラーまで様々なジャンルの本を深く紹介」(番組公式サイトから)する異色の深夜バラエティーだ。

関連ニュース