記事詳細

【大人のTV】豪華?シブい?意外なラインアップ 「平成ヒットソングス~次の年号に持っていきたい名曲SP~」 (1/2ページ)

★日曜ビッグ「平成ヒットソングス~次の年号に持っていきたい名曲SP~」(テレビ東京、24日午後7時54分)

 何とも豪華な顔ぶれだ。というか、シブい顔ぶれというべきか。大澤誉志幸、久宝留理子、小比類巻かほる、竹本孝之、大事MANブラザーズの立川俊之…。まさに平成の音楽シーンを彩った人たちだ。彼らがヒット曲を披露するというのだから見ない手はない。

 昨年デビュー35周年を迎えた大澤誉志幸は、80年代に大ヒットを連発していたアーティスト。

 今回披露する「そして僕は途方に暮れる」はカップヌードルのCMソングだった。ほかにも資生堂のCMソングの「その気×××(mistake)」、アニメ「シティーハンター」の主題歌だった「ゴーゴーヘブン」なども印象深い。

 当時、中学生だった記者はテレビ番組でパフォーマンスする大澤の姿に衝撃を受けた。「その気×××」だったが、スタンドマイクを女性に見立てて、スーツ姿でひらりと歌い踊るライブがとんでもなくかっこよかったのだ。ロックであり、R&Bであり、ファンクであり、田舎の中学生にはかなり刺激的だった。

 その容姿から、加藤茶と兄弟だという噂が流布したことも。もちろん本人は否定しているが、今もってネット上ではまことしやかに語られているから、当時のインパクトの大きさがうかがわれるというものだ。

関連ニュース