記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】牧瀬里穂に目を付けた文春「グラビア」の凄さ

 「“文春砲”より注目はグラビア。新人にしろ中堅にしろ、あそこに出ると企業広告やドラマのブッキングが勧めやすくなる」

 キャスティングプロモーターが指摘するのは、週刊文春の巻頭を飾るカラーグラビア「原色美女図鑑」だ。最新号には女優の牧瀬里穂(47)が登場している。

 「NHKの朝ドラ『まんぷく』の演技が評判なんです。これまでの美女系を脱ぎ捨てコメディエンヌとして開花した」とベテラン放送記者。

 「あの世代のあのポジションは女優の濱田マリの牙城でしたが、そこに新星が誕生した。かなりきれいだけどおもろいおばちゃんという路線は案外、牧瀬の独擅場になるかも。共演の加藤雅也も三枚目路線でいい味を出している。俳優というのは、いつまでも自分のイメージに固執しているようじゃだめってこと」

 週刊文春のグラビアは“文春砲”同様、目の付けどころがいい。

関連ニュース