記事詳細

【みうらじゅん いやら収集】エロ男子をさらなるドエロに落とし込む「スマホ」 (2/2ページ)

 いやいや、『笛』かも知れないじゃないか? “何をたわけた事をおっしゃる、ダンナ。今までに何度、フェラチオを検索されたか御存知で?” どうやら奴さん、検索履歴ってやつを残してるらしい。消したいがそのままになってる。“フェでも色々おますから。どうです? 今夜はもう一単語、お付けになれば?” だよな、『熟女』とか『緊縛』なんか文字を足せば、またひと味違った『フェ』の画像が出てきて仕事が手に付かなくなる。“三単語くらいならどうにかしやすぜ、ダンナ”。こうやってスマホはエロな男子をさらにドエロに落とし込むんだな。悔しいけれど仕方ない。それが男の生きる道だもの。

 ■みうら・じゅん 1958年2月、京都市生まれ。イラストレーター、漫画家。エッセイストとしても知られ、97年に「マイブーム」で新語・流行語大賞を受賞した。近著に『マイ遺品セレクション』(文藝春秋)など。5月29日にDVD『ザ・スライドショー14 「みうらさん、還暦かよ!」』が発売予定。

関連ニュース