記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】内田有紀、まさかの早世からオイシイ“幽霊”キャラに 朝ドラ「まんぷく」でヒロインの長姉役 (1/2ページ)

 先月27日、NHK連続テレビ小説「まんぷく」がクランクアップ、との報道がございました。

 まもなく自分を襲うであろう“福ちゃんロス”を今から覚悟しております。

 安藤サクラ様が演じたヒロイン、福子。男にとってこれほど理想の女性はいないであろう、というキャラクターでした。

 何があろうと常に笑顔で愛する旦那を励まし、信じ、勇気づける。“ザ・内助の功”。

 スタート当初は、容姿的にかわいいとは思えなかった福子が、回を追うごとに、もうかわいくてかわいくて。いい女優はコメディーが的確に演じられるものだと確信。

 さらに今作は、コメディエンヌたちのキャラ合戦的な要素もございました。

 まず、松坂慶子様演じるヒロインの母、鈴。わがままで面倒なキャラかと思われましたが、天然ボケが次第にかわいい愛されキャラに。

 慶子様は大胆な濡れ場もいとわない女優のイメージがございます。が、われらアラフィフ世代ですと新人女優時代の『おくさまは18歳』や『なんたって18歳!』(1971年、TBS系)でのコメディエンヌっぷりを知っているのです。

 また、パーラー白薔薇のママ、川上しのぶを演じる牧瀬里穂様にも注目が集まりました。イイ感じの恐妻っぷりがナイス。今後の新境地が開けたような予感が…。

 そしてデビュー当時から知る女優は、やはり常に注目してしまいます。今作では内田有紀様がそのひとり。ドラマの前半で、ヒロインの長姉、咲役で、肺結核で亡くなってしまいます。

関連ニュース