記事詳細

【大人のTV】“クセの強い”丸刈り芸人が大集結! 「そろそろ にちようチャップリン」 (2/2ページ)

 品川庄司の品川は言うまでもない。ましてや天竺鼠の川原に至っては、とらえどころのない芸風も相まってか、恐ろしい感じすらみせる。

 注目は金属バット。2006年結成の大阪で活動するコンビだが、出っ歯と猫背で超ロン毛の友保ばかりがその奇怪な様相から話題になることが多いが、実は丸刈りの小林も相当の怪しさだ。昨年のM-1でも敗者復活戦に残り、異様な雰囲気を漂わせていたので気になった人も少なくないだろう。

 どつき漫才で知られるカミナリのまなぶは人のよさがにじみ出ているタイプだが、先日まで放送されていた「トクサツガガガ」(NHK総合)でみせた「任侠さん」役は丸刈りゆえのキャスティングか。いかついおっさんなのに美少女アニメのオタクというハイブリッドな役柄を好演していた。

 実は、軍団を率いる千鳥の大悟が一番いかつく怪しい。それにしても、丸刈りの芸人はこれだけではない。さらに増殖する可能性も…。(F)

関連ニュース