記事詳細

小宮悦子「久米さんからダメ出しの嵐だった私が変わった夜」 (1/3ページ)

 有働由美子アナ、夏目三久アナ、小川彩佳アナと、女子アナが“報道番組の顔”を務めるケースが増えているが、その“原点”は誰かと訊かれれば、多くの人が彼女の名を挙げるだろう。1985年から1998年にかけて『ニュースステーション』(テレビ朝日)を久米宏氏とともに支えた小宮悦子さんは、その後の報道番組における「女性キャスター像」を作り上げたパイオニアである。そんな小宮さんが、ワイドショーのリポーターから報道キャスターになり、そして自身が変わった瞬間を語った。(聞き手/岸川真=作家)

 * * *

 去年の5月、ギャラクシー賞の授賞式で20年ぶりに久米宏さんと並んで司会を務めさせていただきました。

 久米さんの隣にいると互いがシンクロしていくというか、『ニュースステーション』の“呼吸”が甦ってくるんです。久米さんの声が変わらず若々しくて、間の取り方も、全てが懐かしかった。傍らにいて、私にとって久米さんは師であり、『ニュースステーション』は故郷なんだな、と実感したものです。

 共に駆け抜けた激動の10数年がまざまざと思い出されて、感慨深いものがありました。

 いまだからお話しできますが、私は報道番組のキャスターどころか、アナウンサーを目指してもいなかったんです。もともとは編集者やコピーライターに憧れていました。就活の合間の一日、友人がテレビ朝日を受けるから一緒に行ったんです。そこで何の間違いか採用されちゃって。

NEWSポストセブン