記事詳細

【ご用心!大厄の美女たち】嵐・松本潤と復縁? 井上真央、仕事セーブで結婚準備か (2/2ページ)

 08~17年まで10年連続で出演してきた『さんまのまんま』の新春特番。今田耕司がオススメする若手芸人のコーナーの常連だったが、昨年は福原愛、今年は石原さとみにその座を譲っている。

 5歳から子役として活躍。その名前を一躍知らしめたのは、CBC制作の昼ドラ『キッズ・ウォー』シリーズで、正義感あふれる少女、今井茜を演じてからだろう。

 そこからは『花より男子』ではヒロインの牧野つくしを演じ(今でもおばたのお兄さんの小栗旬のものまねでネタになっているほど)、11年にはNHK連続テレビ小説『おひさま』で、そして15年には大河ドラマ『花燃ゆ』でヒロインを演じるなど着実にステップアップしてきた。

 果たして、大厄の年に人生の転機に踏み切るのだろうか。

 ■井上真央(いのうえ・まお) 1987年1月9日生まれ、32歳。横浜市出身。デビューは92年の『真夏の刑事』(テレビ朝日)。99~2003年の『キッズ・ウォー』シリーズでブレーク。04年には学業に専念するため一時休業。11年には朝ドラ『おひさま』のヒロインを演じ、同年末の『第62回NHK紅白歌合戦』で紅組司会を務めた。

 11年公開の『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。

関連ニュース