記事詳細

【酒井政利 時代のサカイ目】多彩な才能で厚みある音作る「sumika」 アニメ映画「君の膵臓を食べたい」でブレーク (1/2ページ)

 今、最も勢いがあるバンドsumikaに注目したい。4月新番組のアニメ『MIX』(日本テレビ)のオープニング曲に新曲『イコール』が決まった。アニメはあだち充の名作『タッチ』の30年後を描く、月刊漫画誌に連載の大人気作品だ。

 sumikaは男性4人組のロックバンドで、メンバーはボーカル、ギターとほぼ全曲の作詞作曲を手がける片岡健太、ドラムの荒井智之、ギター黒田隼之介、キーボード小川貴之。

 バンドが注目され始めたのは、昨年のヒットアニメ映画『君の膵臓を食べたい』の主題歌だけでなく劇中歌、オープニングテーマ曲の制作を任されたことから。

 各シーンのイメージや曲調を監督に示され、歌詞と曲を付けるというスタイルでオープニング曲『ファンファーレ』、主題歌『春夏秋冬』などを制作。なおメンバーは声優にも挑戦している。

 それまでにもユニクロふんわりルームウエア、大塚製薬ポカリスエット、サントリーCRAFT BOSSなどのCMタイアップ曲があり、知る人ぞ知る存在だった。

 ロックとポップが融合した音作りをする彼らのステージの人気は高く、常に満員。著名人にもファンは多く、バカリズムが「今、最もチケットが取りにくいグループ」と言ったほど。

 バンドは「camp session」と位置づけるアコースティック形態も持つ。ライブではその都度ゲストを入れて音やステージに厚みを持たせている。そのゲストも音楽家だけではなく、映像作家、写真家、建築家、陶芸家や彫刻家など多岐に渡るアーティストとのコラボという斬新なスタイルをみせる。

関連ニュース