記事詳細

【大人のエンタメ】デビュー65周年、伝説の女優・芦川いづみが銀幕によみがえる 東京・神田で特集上映

 伝説の女優、芦川いづみ(83)が銀幕デビューして65年がたった。100本を超える映画に出演しスター女優の地位を確立しながら、全盛期の1968年に結婚して引退。それ以来メディアには顔を出していない。その記念イヤーにスペシャル特集上映が東京・神田の神保町シアターで開催されている。4月26日までのロングランだ。

 「恋する女優芦川いづみ デビュー65周年記念スペシャル」と題した特集上映では厳選した20本を上映する。

 「霧笛が俺を呼んでいる」(60年、山崎徳次郎監督)は夭折したスター赤木圭一郎の代表作でもある。親友の死を知り真相を知ろうと奔走するヒロイン・芦川のどこか影のある姿がキュートだ。

 「嵐を呼ぶ男」(66年、舛田利雄監督)はご存じ石原裕次郎主演の代表作のリメーク。渡哲也が代わって演じている。芦川は激しい感情むきだしで熱演。

 「青年の椅子」(62年、西河克己監督)は石原裕次郎が熱血サラリーマンにふんして恋に仕事に大暴れ。恋のバトルを繰り広げる芦川の快活さが見ものだ。

 太宰治原作の「真白き富士の嶺」(63年、森永健次郎監督)は芦川が吉永小百合と姉妹役で共演。若くしてみまかう吉永を見守る姉妹愛は涙なくしては見られない。

 同時に4、5月には「芦川いづみデビュー65年記念」として10作品がDVD化されることに。

 この機会に劇場に足を運んではどうだろう。問い合わせは同シアター(03・5281・5132)。

関連ニュース