記事詳細

【大鶴義丹 それってOUTだぜ!】ゴマキと某ベテラン女優、不倫騒動「損害度」の違い 不思議な世間の反応 (1/2ページ)

 つい先日、かつて国民的な人気を誇ったアイドルグループの誰もが絶世の美女と認める元メンバーの「ドロ沼不倫」スキャンダルが報じられた。

 彼女は5年ほど前に一般男性と結婚していて、すでに2人の子供がいる。家庭での幸せぶりは本人のブログからも知られていたので、今回の騒動はファンを含め多くの方が驚愕した。

 その真実の有無は別として、報道された内容は当の女性がかなり強烈な形で一方的に夫を裏切ったことから、不倫裁判沙汰になっているという内容であった。彼女はその内容を全面的に認め、自身のブログでも不倫の事実を認め謝罪した。

 ブログに子煩悩や夫婦ラブラブをアピールしていたのに「どうして?」との声も多々あったが、それは愚問というもの。ブログで「いよいよ私も浮気がしたい」と書けるはずもない。

 私個人の夫婦における貞操観を述べさせてもらうと、多くの場合、安っぽい性欲に任せた夫の浮気とは違い、妻の浮気は深く重い理由があるケースが多い。

 ましてや今回は2人の子供がいて、社会的立場のある女性が浮気に走ったのである。報道では報じられていない、想像もし得ない深い事情があったと想像にたやすい。

 しかし今回、そのスキャンダルを彼女たち夫婦はすべてを飲み込んで離婚しないという。

 子供もいる2人はまだまだ若く、いくらでも修復の糸口はあるはずだ。「雨降って地固まる」ということで、素晴らしい選択であったと思う。

関連ニュース