記事詳細

【大人のTV】番組仕切る“80’Sディスコの伝道師”驚きの正体 BSフジ「DJ OSSHY DISCO TV」

★〈木曜☆ラボ〉「DJ OSSHY DISCO TV」(BSフジ、18日午後11時半)

 BSというと、どうしてもシルバー世代にぴったりなコンテンツが多い気がしていたが、これからは40~50代もターゲットになってくるようだ。

 「木曜☆ラボ」もそんな番組が並ぶことになりそう。18日から始まり、毎月第3木曜日に放送されるのが『DJ OSSHY DISCO TV』。

 4月で31年という時間に幕を閉じる平成という時代を振り返ったとき、バブル経済で幕を開け、その象徴がジュリアナ東京だといえるだろう。バブルの時期に青春を謳歌した世代も今は40~50代となっている。そんな世代にとって心躍るのが、ディスコミュージックだろう。

 「サタデー・ナイト・フィーバー」を中心とした70年代のディスコブームを支えていた世代ならもう60~70代、「マハラジャ」などの80年代ディスコブームなら50~60代。つまりはかなり幅広い世代で、ディスコミュージックは共通言語となりえるのだ。そこを狙うこの番組はBSにとって、さらに視聴者層を広げていくには好コンテンツでもある。

 令和という時代が始まる今、昭和だけでなく、平成ですらもはや懐かしくなっていく。番組ではディスコの雰囲気に浸りながら、その当時に流行していた楽曲を聴きながら、楽しかった時代を振り返っていく。

 で、番組を仕切るのは82年に渋谷のディスコ「Candy Candy」でDJを始めたという“80’Sディスコの伝道師”、DJ OSSHY(53)。実はこの人の父は「ベルトクイズQ&Q」でおなじみだったフリーアナの押阪忍(84)というから、これまたびっくりだ。

 曲を聴けば、そのときにどんな会話をしていたかまで記憶によみがえってくるという人も少なくないだろう。週末に向けて疲れがたまってきたとき、どんよりした気持ちを発散できること間違いなしだ。(F)

関連ニュース