記事詳細

【YFM 夕刊フジmusic】「LIVE Light Mellow」vol.2 シティポップの最高峰3人がコラボ! 伊藤座長「見逃せない一期一会でナイスな一夜に」 6月14日、東京・新宿

 昨年行われた「vol.1」と題した第1弾が大好評だったシティ・ポップス・ファン垂涎のコンサート、『LIVE Light Mellow』が、今年も第2弾「vol.2」として、6月14日に東京・新宿の全労済ホール/スペース・ゼロで行われる。

 昨年は伊藤銀次、杉真理、サーカス、庄野真代が出演したが、今年は連続出演となる座長的存在の伊藤と、南佳孝、尾崎亜美がスタンバイ。

 「大人のポップスの祭典!! いずれも日本のポップスを創ってきた尾崎亜美さん、そして昔からの盟友、南佳孝君と僕との夢の饗演。昨年とても好評をいただき、再びvol.2が開催されることとなり、とてもハッピーです」と、ウキウキなのは伊藤“座長”だ。

 「日本のシティポップは近年、海外でも再評価され、リアルタイムではない若い世代にも新鮮なインパクトを与えています。ただ爽やかなだけでなく、きちんと作り込まれたサウンドと、珠玉のソングライティングによる名曲たちが再び脚光を浴び、真の輝きが受け入れられる時代が来たようで、まさに感無量です」

 曲は各アーティストによりこれから絞り込まれていくが、候補として上がりそうなのは、尾崎亜美『マイ・ピュア・レディ』『春の予感』、南佳孝『スローなブギにしてくれ』『モンロー・ウォーク』、伊藤銀次『DOWNTOWN』『BABY BLUE』など。それぞれコラボするシーンもありそうで、「見逃せない一期一会でナイスな音楽の一夜にぜひご参加ください」と座長。

 仕掛け人(企画監修)は音楽ライターの金澤寿和氏。ハウスバンドとしてSPARKLING☆CHERRYがサポートする。シティ・ポップスは日本のAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)的な側面もあり、その再燃が今後の大きなムーヴメントともなっていきそうだ。

 問い合わせはキャピタルヴィレッジ(03・3478・9999)。

関連ニュース