記事詳細

「アメトーーク」で差別的表現 テレ朝が謝罪

 笑いごとでは済まなかったようだ。テレビ朝日は19日、2月に放送した「アメトーーク」内で、大阪府立西成高校と西成地区について事実と異なる内容や差別的な表現があったとして、番組内で謝罪した。

 謝罪は番組の公式ホームページにも掲載。問題の発言は2月14日放送の「高校中退芸人」の回。同校を中退した女性芸人が「窓がガラス素材でない理由は、ガラスだと割る人が多いから」「トイレットペーパーを職員室に取りに行く理由は、盗まれるから」といったエピソードを話したが「番組側の確認が足りず事実と異なっていました」としている。

 また西成地区については「行かないほうがいい地域」と差別的表現があったとして、謝罪している。放送後、同校などから抗議を受けていた。