記事詳細

ハンサムからダンディに…草刈正雄、朝ドラのセリフに「泣ける」と共感の声

 草刈正雄(66)が自身のブログにアップした約50年前の写真がハンサムすぎると話題になっている。

 「現在、朝ドラ「なつぞら」(NHK)では、十勝のガンコじいさん役で注目を集めている草刈さん。偏屈でガンコな性格だが、深い愛でヒロイン・なつに人生を生き抜く術を教え込むという役柄で、草刈さんがなつに語る言葉が「泣ける」と、老若男女を問わず共感を得ています」(テレビ誌記者)

 草刈というと、74年の映画デビュー以降、甘いルックスでコンスタントに仕事に恵まれてきた。コミカルな一面も持ち合わせ、13年には草刈り機のCMに出演して大きな話題に。16年の大河ドラマ「真田丸」(NHK)では真田昌幸役が当たり、翌年、自身初の写真集も発売した。

 「草刈さんは、若い頃からハンサムでしたが、年齢を重ねるごとにダンディな魅力を増している感じですね。私生活ではタレントの紅蘭さんが昨年末、女の子を出産。草刈さんが初孫にメロメロな様子なども好感度につながっています」(前出・テレビ誌記者)(zakzak編集部)

関連ニュース