記事詳細

【シネマパラダイス】働き方改革、人手不足、地方創生…まとめて実践した吉田基晴氏の著書を映画化! 「波乗りオフィスへようこそ」

 働き方改革、人手不足、地方創生、サテライトオフィス…などの言葉が世の中に飛び交っている。本作はそれをまとめて実践したIT企業の社長、吉田基晴氏の「本社は田舎に限る」の映画化。四国の右下と呼ばれる過疎地域、徳島県美波町の風景や風習が効果的に使われている。上映時間108分。19日公開。

 東京でIT会社を経営する徳永(関口知宏)はエンジニアの採用がうまくいかず頭が痛い。故郷の美波町にはネット環境が整っていることに気づいた彼は、副社長の沢田(田中幸太朗)と役場に勤める同級生の久米(柏原収史)の協力で美波町にサテライトオフィスを立ち上げる。地元企業家の岩佐(宇崎竜童)にも助けられて仕事が軌道に乗った頃、社員の生田(伊藤祐輝)が祭りの責任者に選ばれる。

 【ホンネ】仕事はササッとかたづけ、昼休みや余暇は趣味の波乗り。なんてことができるのは職住接近のおかげ。だが田舎暮らしを楽しむには地元に還元する必要があり、ウィンウィンの関係をどう築くかがポイント。(映画評論家・おかむら良)★★★☆

 ★5つで満点

 ☆=星半分

関連ニュース