記事詳細

【織田哲郎 あれからこれから】音楽の話通じて知り合ったM君…その歌唱力に「心からすごい!」 (2/2ページ)

 音楽のスタートが彼との出会いだったこと、その後のさまざまな出会いを考えると、私にはどうやら最初から神様が音楽をやるべく道筋を照らしていてくれたんだなあと思えてならないのです。

 M君はそういう純真な性格の持ち主だったので、当然クラスでも皆に好かれていました。そして彼と仲良くなったことから、私も徐々にクラスに打ち解け始めました。正式な土佐弁をちゃんと把握できていなくても、だんだんそのグルーブに乗ってしゃべることができるようになっていくものです。

 そうなってみると、実はこの学校の連中は本当に気のいい奴らばかりだったのです。私にとって制約が多かった“学生時代”は全体的に楽しいものとは言い難い時代ですが、この高知での2年間は楽しい思い出がたくさん残る日々となりました。

 ■織田哲郎(おだ・てつろう) シンガーソングライター、作曲家、プロデューサー。1958年3月11日生まれ。東京都出身。79年のデビュー当初からCMやアーティストの音楽制作に携わる。TUBEの「シーズン・イン・ザ・サン」で作曲家として注目される。主な代表曲は「おどるポンポコリン」(B.B.クィーンズ)、「負けないで」(ZARD)、「夢見る少女じゃいられない」(相川七瀬)など。自らも「いつまでも変わらぬ愛を」がミリオンセラーとなる。

 現在「オダテツ3分トーキング」をYouTubeで配信中(毎週土曜日更新)。

関連ニュース