記事詳細

【中本裕己 エンタなう】“新冷戦”を背景に「潜水艦映画」の面白さを再認識! 「ハンターキラー 潜航せよ」

 「眼下の敵」「U・ボート」「レッドオクトーバーを追え」…などの例を出すまでもなく潜水艦映画は面白い。これほど暗がりの銀幕に向いた題材はないだろう。米海軍の攻撃型原子力潜水艦に乗り込んだような臨場感が味わえる「ハンターキラー 潜航せよ」(公開中)が痛快だ。

 “新冷戦”を背景にした筋書き。ある日、ロシア近海に潜航する米海軍の原潜が消えた。捜索を命じられたジェラルド・バトラー演じるジョー・グラス艦長は、「一生のほとんどを海の中で過ごしてきた」叩き上げ。攻撃型原潜「ハンターキラー」を率いて現場に急行すると、なぜか無残な爆破痕をさらけ出したロシア原潜が海底に沈んでいた。低体温症で瀕死の艦長を救出して捕虜とするが、同じ頃、ロシア国内の地上ではネイビーシールズの精鋭が密命を帯びて偵察。想像を超えたロシアの陰謀が発覚する。

 クライマックスは陸と海底が連動した「ミッション・インポッシブル」的な荒唐無稽の活劇となる。それも許せるのは、米国防総省と米海軍の全面協力による抜群のリアリティー。

 狭い艦内で、長期間の隠密を強いられ、常に見えない敵におびえながら耳を研ぎ澄ませる。カビや重油の臭いが染み付いた湿った空間で、上官と下士官は至近距離で寝食を共にする。常人の神経ではとても務まらない“軍隊きってのエリート集団”に肩入れして、米ロ双方を応援してしまうのであった。嫌みな上官役がぴったりのゲイリー・オールドマンも見もの。(中本裕己)

関連ニュース