記事詳細

一番はまった! 平成最強の「朝ドラ」ランキング (1/2ページ)

 毎回注目を集めるNHK連続テレビ小説、通称“朝ドラ”。平成の約31年間でさまざまな作品が放送され、大きな話題になりました。では、お茶の間が一番面白かったと感じているのはどの作品なのでしょうか。

 そこで今回は、一番はまった平成最強の朝ドラについて探ってみました。

 1位 あまちゃん

 2位 あさが来た

 3位 ちゅらさん

 ⇒4位以降のランキング結果はこちら!

■1位は『あまちゃん』!

 2013年に放送された『あまちゃん』。東北地方・岩手県三陸海岸沿いの町を舞台に、挫折を経験しながらも夢を追い続ける主人公や、その周囲の人たちの奮闘をコミカルに、ときにハートフルに描いた作品。

 宮藤官九郎が脚本を務めたこともあり、ユーモラスなせりふや演出が盛りだくさん! のん(旧芸名:能年玲奈)、小泉今日子をはじめとした個性的なキャストが多数出演し、毎回ストーリーを盛り上げ、名せりふ「じぇじぇじぇ」は一躍社会現象にもなりました。そんな面白く、ハートウォーミングなシーン満載の『あまちゃん』に、はまった人が多く1位となりました。

■2位は『あさが来た』!

 2015年に放送された『あさが来た』。実業家であり、教育者の広岡浅子の生涯を描いたこの作品。波瑠がヒロインを務め、ヒロインの夫を玉木宏が演じました。

 そしてこの作品で脚光を浴びたのが、主人公を支えた五代友厚を演じたディーン・フジオカ。爽やかで堅実、紳士でかっこいい五代様が病に倒れたときは多くの視聴者がショックを受け、“五代ロス”という言葉がブームになったほど。そんな多くの人をとりこにした『あさが来た』が2位となりました。

gooランキング

関連ニュース