記事詳細

【大鶴義丹 それってOUTだぜ!】ゴーン被告と前妻リタさんの倹約生活…再婚機に何かが狂った? うがった見方でみえてくる「アゲサゲ婚」 (2/2ページ)

 ゴーン被告が、30年連れ添った前妻リタさんと2015年に離婚するまでは、今回問題になるほどの派手な浪費問題は、あまり表に出ていなかったのだ。

 またゴーン容疑者は、07年の有名雑誌のインタビューにおいて、「カカア殿下」や「安物バッグ好き」などを語っている。

 またリタさんとゴーン氏の質素な生活ぶりを、地元住民が某新聞でコメントした記事などもあるくらいだ。

 そんな話を時系列的に並べていくと、前妻リタさんが、ゴーン氏にとって、精神的なブレーキの役割をしていたのではないかと思ってしまう。

 するとどうしてもその後、ベルサイユ宮殿で結婚披露パーティーを挙げた現夫人のキャロルさんが、ゴーン被告の何かを狂わせたのではないかと、2時間ドラマ的に、少しうがった見立てをしてしまう。

 どう比べても、30年連れ添った、倹約家で恐妻である前妻リタさんが、彼を押しも押されもせぬ天才経営者への道を歩ませた「アゲ」であり、美人新妻のキャロルさんが希代の「サゲ」であるドラマを妄想してしまう。

 あらためて、伴侶という存在が、人生にどれだけ影響を及ぼすかということに深いものを感じてしまう。

 しかし、あれだけの天才の「墜落劇」に、妻という存在が本当に深く関わっていたとしたら、この事件ほど、男の「人生」と「性」を強烈に描いているドラマはないであろう。

 もしハリウッドで映画化したら、日産のダメ部長か何かの脇役で良いので、ぜひ出演させてもらいたい限りである。

 また、これから結婚を考えている方には、ちょっとした気の迷いで、安易な結婚をしてはいけないと伝えたい。

 ■大鶴義丹(おおつる・ぎたん) 1968年4月24日、東京都出身。俳優、小説家、映画監督。88年、映画「首都高速トライアル」で俳優デビュー。90年には「スプラッシュ」で第14回すばる文学賞を受賞し小説家デビュー。

 主な出演番組は「アウト×デラックス」(フジテレビ系)など。6月15~24日、新宿花園神社特設テントで公演の舞台「蛇姫様 わが心奈蛇」に出演。

関連ニュース