記事詳細

NGT48の“ママ”小林幸子、悲痛心境明かす 「ものすごく心配…見守るしかできない」

 歌手の小林幸子(65)がこのほど、新潟県中越地震の復興を祈念して長岡市の山古志地域(旧・山古志村)に開設している田んぼ「小林幸子田」で、恒例の田植えを行った。

 今回はアニメ映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』(7月12日公開)の主題歌『風といっしょに』(同10日発売)でデュエットするタレント、中川翔子(34)も初参加。田植え初心者の中川は「皆さんが協力し合っている姿に涙が出ました」と感激していた。

 映画と新曲のヒットを祈願して苗を植えた小林だが、心配の種もある。暴走ファンの暴行事件に端を発したNGT48の一連の騒動だ。

 小林は2年前に行われたNGT48のメジャーデビューイベントにサプライズで登場して以来、メンバーたちから“ママ”と慕われてきた。力を合わせて新潟を盛り上げていこうとしてきた間柄なだけに、「ものすごく心配です。見守るしかできないけど、また元気な姿を見せてほしい」と気遣った。母の祈りは届くのか。

関連ニュース