記事詳細

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】父の日の贈り物 悩んだ結果は… (1/2ページ)

★其ノ弐百八拾六

 父の日が近いので、最近はわが父、英夫にプレゼントを贈ることを考えます。

 毎年、何かしらのプレゼントを贈っていますが、大体は父の好物である海鮮が選べる「グルメカタログ(シーフードバージョン)」だったり、父がリクエストした衣類などですが、同じようなものでも喜んで受け取ってくれます。

 釣りが趣味なので、釣りのアイテムもいいかなとは考えましたが、釣具というのはさまざまなメーカーがあり、釣る場所、釣る魚によって向いている釣具が違い、おまけに高ければ高いほど良いものというわけでもないらしい…という話を聞いて、「こりゃ、私がやみくもに選んでもいい結果出なさそうだ」と諦めたのでした。

 趣味のものほど自分で選んだほうが良さそうです。私も、水着やゴーグルはできれば自分で選びたいですもの。今年も、父には「無難だけど毎年贈られてうれしいもの」を選ぶことになりそうです。好物が海鮮全般なので、バリエーションがあってよかった…。

 少し前、父から小さなオモチャをもらいました。来年40歳になる娘にオモチャを…と思いましたが、私の好きな猫グッズを把握してくれているということはうれしかったです。

 父が私にくれたのは太陽の光が動力となり、首がゆらゆら揺れる高さ7センチほどの猫の置物です。おそらくどこかの雑貨屋さんかオモチャ屋さんで見つけた様子。せっかくなので家の中でもよく陽のあたる場所に置いて、いつも首がゆらゆらするのを見ています。

関連ニュース