記事詳細

明菜の妹、亡くなっていた 元女優・中森明穂さん52歳、肝硬変 明菜は葬儀に姿見せず FLASH報道 (1/2ページ)

 歌手、中森明菜(53)の実妹で元女優、中森明穂さんが5月27日に肝硬変のため52歳で死去していたことが明らかになった。東京都内で営まれた明穂さんの葬儀にも明菜は姿を見せなかったといい、家族との断絶が色濃くなっている。

 明穂さんの死は、11日発売の写真週刊誌「FLASH」が報じた。

 同誌によると5月29日に東京都内で葬儀が営まれ、父親(85)ら親族が参列したが、6人兄弟姉妹(2男4女)の5番目となる三女で、明穂さんの1歳年上の姉にあたる明菜の姿はなかったという。

 明穂さんは最近は肝硬変で入院し、ヘルニアも併発する形で闘病を続けていたが、容体が急変し5月27日に亡くなったという。

 1987年にタレントデビューした明穂さん。ラジオパーソナリティーからキャリアをスタートし、同年7月のフジテレビ系月曜ドラマランド『スケバン保母さん ツッパリ風雲録』で女優デビュー。

 すでにスターだった明菜もその活動をバックアップしていたが、88年に明穂さんが下着姿の写真集とヌードで登場したビデオを発売したのを機に姉妹の関係が悪化。

関連ニュース