記事詳細

小林麻耶、夫「あきら。」との再デビュー 海老蔵は沈黙守る (1/2ページ)

 「麻耶さん、旦那さんを連れてテレビやラジオの担当者にも挨拶回りしていました。“彼のこともこれからよろしくお願いします!”と“内助の功”を発揮していましたよ」(TBS関係者)

 6月10日、ブログで芸能界への再デビューを報告したフリーアナウンサーの小林麻耶(39才)。同時に夫の國光吟(くにみつあきら・35才)も「あきら。」という芸名でタレントデビューすることを明かした。

 「正直、1年前の結婚当初は引退を表明したうえに、夫は一般人だから名前も明かせないと頑なだったのは何だったんだろうという声も多い。

 ただ、ここ最近中居正広さん(46才)の『金スマ』(TBS系)に出演したり、香取慎吾さん(42才)らのAbemaTVの番組で結婚式を披露したりという中で“タレントとしてイケる”と判断したんでしょう」(前出・TBS関係者)

 麻耶とあきら。は昨年7月に交際0日での結婚を発表。麻耶は所属事務所を退社して芸能界を引退していた。今回、突然の“夫婦デビュー”だが、“義弟”の市川海老蔵(41才)は口をつぐんだままだ。

 「麻耶さんのブログ報告の翌日、イベントの会見に出席した海老蔵さんは“(再デビューについて)温かく見守ってあげればいい。元気になったら仕事をするのは当たり前”と麻耶さんについてはコメントしましたが、夫のあきら。さんについては、沈黙を貫いていました。結婚の時もほとんど話題にしませんでしたし、正直あまりかかわってほしくないと思っているようです」(芸能関係者)

NEWSポストセブン

関連ニュース