記事詳細

【華麗な転身事情】キララとウララ・天野なぎさ “第2のピンク・レディー”が芸能プロダクション&実業家に! (2/2ページ)

 そんな折、ロスのホテルチェーンのオーナーと知り合った。「私の日本での活動を知っていたようで、ダンス、モデルのプロダクションの立ち上げを手伝ってほしいと頼まれたんです。正直いって悩みました。でもちょうど新しい生き方を考えていたので、チャレンジしてもいいかなって」

 タイミングもあった。ハワイ島で14歳の少女と出会った。今やトップモデルとして活躍するHだ。「日本で彼女をマネジメントしたい」という思いに駆られた。2001年に帰国し、同ホテルの支援を受けてモデル事業部の統括を任された。

 さらに13年には、自らモデル、俳優のプロダクション「ディヴァイン」を設立した。「ようやく自分のお城ができた感じです」と話す。

 「モデル」「俳優」「クリエイター&アーティスト」の3部門を運営し、特に俳優部門はアクターズクリニック演劇学校と提携し「演出家の梶原涼晴氏とともに次世代の俳優の育成を目指す」という。すでにミュージカル「テニスの王子様3rdシーズン」で所属タレントの雷太が活躍している。19、20日には東京・代々木のPLACEで一般向けのショウケースも予定している。

 これとは別にホテルニューオータニに本店を持つ美顔器メーカー「ARTISTIC&CO.」でエグゼクティブディレクターも務めている。

 ちなみに大谷は再婚し、現在は犬専門の服のプロデュースで活躍している。(芸能ジャーナリスト・渡邉裕二)

関連ニュース