記事詳細

【ミッツ・マングローブと一服 T-Lounge】ラストライブで止めた時計が、再び動き出した (1/2ページ)

★(上)

 テレビにステージに幅広く活躍するミッツ・マングローブさん。ホッとひと息つきたい時は、気になるあの人と他愛のないおしゃべりに興じたい。そんな思いから開いたこのラウンジ。今回のゲストには、プリンセス プリンセス時代からミッツさんがカリスマとあがめる岸谷香さんをお招きした。

 ミッツ プリンセス プリンセス(以下プリプリ)の名曲「Diamonds」が出たのがちょうど30年前。この曲と「世界でいちばん熱い夏」が1989年のヒットチャート1位、2位を独占しました。まさにプリプリは時代の顔であり、私たち若者のアイコンでした。

 岸谷 80年代って、音楽とかファッションとか髪形とかいろんなものが一緒になって受け入れられる時代だったでしょう。だから私たち自身、どこがどうなのかわけのわからないまま憧れられる存在になっていたという感じでした。

 ミッツ 私は当時14歳でまだロンドンに住んでいたので、日本のおばあちゃんにプリプリが出ている歌番組をビデオに録って送ってもらい、何回も繰り返し観てました。「ザ・ベストテン」で金沢城の前から中継したのも覚えてる(笑)

 岸谷 そんなこともありましたね(笑)

 ミッツ その後高校受験で帰国して、合格のご褒美に横浜アリーナで初めてプリプリのステージを観たんです。それから96年に解散するまで、私の青春はプリプリとともにありました。

関連ニュース