記事詳細

【こだわりの極意】中目黒で一緒に壊れようゼ! 金属恵比須とライブ&トーク!

 この夜の金属恵比須は何かが違った。

 バンドを覆っているメタルの固い殻は、金属がこれほどまでに膨張するのかというほど膨れ上がり、所々ヒビ割れ、後はエクスプロージョンを待つだけ。

 何よりドラムス・後藤マスヒロの魂のプレイには震えた。プログレの聖地、シルバーエレファント(東京・吉祥寺)をめまいがするほど振動させ、それが外の道路にまで伝わるドラミング。僕には一瞬、全盛期のテリー・ボジオに見えた。

 そこに高木大地(ギター)、宮嶋健一(キーボード)、栗谷秀貴(ベース)が「こっちも負けないぜ!」とばかりに絡みつき、あの小さく可憐な稲益宏美(ボーカル)が「あ~もう~そんなに張り裂けんばかりに歌ったら壊れちゃう~」と僕ら観客が興奮するほどの絶唱を聴かせるのだ。

 その眼の奥は何かに憑依されたかのような狂気さえみえる。ロック好きにはどこか懐かしさすら感じる楽曲群にニンマリ。

 あぁ、このバンドを好きで良かった。

 このバンドと同じ時代を生きられて良かった。

 こんなにいいバンドが日本にはいるのかと思ってたら、幸運なことに、今度、一緒にイベントをやることに!

 8月12日、東京・中目黒のライブハウス「楽屋」で『スターレス高嶋presents金属恵比須 LIVE&TALK』を開催します。午後6時半開演で1部がトーク、2部が金属恵比須ライブの構成。お店自体もタイを中心としたアジア料理で、食べログのポイントも高評価。ホットでスパイシーな料理にビールで、今最も熱いバンドを楽しみに来ませんか。

 予約は「楽屋」のWEB(http://rakuya.asia/home.shtml)から。どうぞよろしくお願いします。

 ■高嶋政宏(たかしま・まさひろ) 1965年10月29日生まれ。東京都出身。87年、映画『トットチャンネル』で俳優デビュー。昨年出版した『変態紳士』(ぶんか社)も大ヒット中。9月6日公開『かぐや様は告らせたい』、9月20日公開『3人の信長』と新しい出演作が控えている。

関連ニュース