記事詳細

元KAT-TUN田口被告ら大麻所持認める 懲役6月求刑

 大麻取締法違反(所持)の罪に問われたアイドルグループ「KAT-TUN」(カトゥーン)の元メンバー、田口淳之介被告(33)と元女優、小嶺麗奈被告(38)の初公判が11日、東京地裁(長池健司裁判官)で開かれた。2人は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は2人に懲役6月を求刑、弁護側は執行猶予付きの判決を求め、即日結審した。判決は30日。

 検察側は論告で「共同で断続的に大麻の所持と使用を繰り返しており、常習性が認められる」と指摘。田口被告の弁護人は「再犯の可能性は事実上皆無」、小嶺被告の弁護人は「共に罪を犯さないと決意した」と訴えた。

 田口被告は法廷で「小嶺(被告)から打ち明けられて大麻の存在を知った」と説明。約10年間、仕事のストレスなどから使用していたとし、「気持ちがまろやかになると感じた。お世話になった方やファンの期待、自分の夢も裏切ることになった。しっかりと更生する」と話した。

 小嶺被告は田口被告との交際が報じられたことで嫌がらせを受け、睡眠障害や摂食障害になったと明かし、使用で「怒りや不安が解消された」と涙ぐんだ。

 2人は目を合わせることはほとんどなかったが、いずれも交際を続ける意向を示した。小嶺被告は「交際を続けるなら結婚したい」、田口被告は「2人で助け合いながら生きていけたら」と語った。田口被告は芸能活動の継続にも意欲をみせた。

 起訴状などによると、両被告は共謀して5月22日、東京都世田谷区の同居する自宅兼事務所のマンション一室で乾燥大麻約2・2グラムを所持したとしている。

 田口被告は平成18年にKAT-TUNのメンバーとしてCDデビューし、28年にジャニーズ事務所を退社した後はソロで活動。小嶺被告はドラマや映画に出演し、覚醒剤撲滅を訴える公共CMにも起用された。(産経新聞)