記事詳細

【酒井政利 時代のサカイ目】広瀬すずが駆け抜け、松たか子&杉咲花が踊る! 夏を運ぶ爽快CM曲が話題

 梅雨空が続く中、CMからは夏の開放感や壮快感に満ちた曲が聞こえてくる。広瀬すずが街を駆け抜ける三ツ矢サイダーのCM『やりきろうぜっRUNNING』篇。汗を流しながら走る広瀬と「やり切ろうぜっ、ジブンらしく」のキャッチのバックに流れるのが、WANIMAが書き下ろした『夏のどこかへ』。

 「幼い頃から飲んでいた三ツ矢サイダーのCM曲に選んでいただいてありがとうございます」とWANIMA。

 公開されたMVはメンバーの子供時代をイメージして、メンバーと同じ衣装を着た3人の子供が主役。夏祭りに出かけ、屋台や提灯、やぐら…と懐かしい風景が広がる中、いたずらをしたりお化け屋敷に入ったりと夏を満喫する姿が描かれて人気になっている。

 「毎年町内で開催されていた小さな夏祭りを思い出しながら撮影しました。WANIMAキッズくんたちのOKテイクが多く良いシーンばかりで『3人のシーンはいらないんじゃないか?』と真剣な表情で監督に言われたのが印象的でした」とボーカルのKENTA。

 こちらも広瀬すず起用のCM、ロッテのアイスクリーム『爽』。ちなみに広瀬は2019年上半期のCM数が12本と、CM女王で13本の渡辺直美に迫る勢いだ。

 その『全力エアバンド』篇で広瀬がエア演奏を披露するバックに流れているCM曲が『OH!』。これはSHISHAMOの書き下ろし曲。夏の暑さを吹き飛ばしそうなエネルギーを感じさせる楽曲で若い世代を中心に人気を呼んでいる。

 もう1本。ロンドンを舞台に松たか子がメリー・ポピンズのように傘を広げて、落ち込む杉咲花の元に「もっといい加減でいいんじゃない」と言いながら舞い降りてくるサントリークラフトボスTEAノンシュガー『新しい風・ロンドン』篇。

 ミュージカル風CMを彩るのは椎名林檎の『人生は夢だらけ』。「決め付けなくていいのよ、仕事も飲み物も」「何悩んでるのか知らないけど多様性の時代とかいうのに乗っかって好きなようにやっちゃえば」と杉咲を勇気づける松。

 2人がロンドンの近衛兵をバックに踊る姿は映画のワンシーンをほうふつとさせる。そこに効果的に響くのが《これが人生 私の人生》と歌う椎名のCM曲。

 椎名の歌詞は秀逸だ。《こんな時代じゃあ 手間暇掛けようが 掛けなかろうが 終いには一緒くた》

 共感する声はがぜん多そうだ。

 ■酒井政利(さかい・まさとし) 南沙織、郷ひろみ、山口百恵、キャンディーズ、矢沢永吉ら300人余をプロデュースし、その売上累計は約5500億円。「愛と死をみつめて」、「魅せられて」で2度の日本レコード大賞を受賞した。2005年度、音楽業界初の文化庁長官表彰受賞。

関連ニュース