記事詳細

【織田哲郎 あれからこれから】本当はいけないのに…関係者の甘いささやきに乗せられアニメ「ボトムズ」の主題歌を歌う (1/2ページ)

★(28)

 1983年に『VOICES』というアルバムでソロデビューした頃もCMの仕事など、なんでも引き受けていました。中でも私が作編曲して歌った青森の日本酒「桃川」のCMはその後何十年も使われたので青森の方は良くご存じではないでしょうか。

 その頃アニメの仕事もいろいろとしています。『サイボットロボッチ』というアニメの主題歌、『魔法の天使クリィミーマミ』の挿入歌で「囁いてジュテーム」「美・衝・撃!」を作曲、そしてアニメ『装甲騎兵ボトムズ』のオープニング「炎のさだめ」とエンディング「いつもあなたが」は歌だけ歌っています。

 『ボトムズ』の時はすでにソロデビューが決まっていたので、本当は違うレコード会社で歌ってリリースしてはいけないのですが「このアニメはどうしても織田君に歌ってほしい」「言わなきゃばれないよ」という関係者の甘いささやきにのせられてしまいました。すみません。時効ということで勘弁してください。

 ですからレコーディングの際に「適当に外国人っぽくアルファベットかなんかでつけといてよ」という話をしたのですが、シングル盤ができあがってきたら歌手のクレジットが“TETSU”になっていたのです。「うわっ! ばればれやん」と思いましたが、なんとか問題にならずにすみました。

 『ボトムズ』はその後も長く皆さんに愛されたアニメだったので、私もアニメファンの方々からはあの“むせる”(『炎のさだめ』に“むせる”という歌詞があるのです)のTETSUとして認知されるという、予想もしなかったありがたい結果になりました。

関連ニュース