記事詳細

大ブレーク中のEXITに文春砲さく裂、吉本興業は法的措置検討も

 チャラい言動や外見だが、実は真面目というキャラで、人気上昇中だったお笑いコンビ・EXITに文春砲がさく裂した。

 発売中の「週刊文春」は、兼近大樹(28)が、デビューする前の2011年、札幌で高校3年の女子生徒に売春をあっせんしたとして売春防止法違反の疑いで逮捕され10万円の罰金刑を受けたこと、また、別に窃盗事件を起こしていたことなどが報じられている。

 「吉本興業は法的措置も辞さないという構えのようですが、兼近さん本人は記事を認めていますし、過去の犯罪がバレたことで逆にすっきりしたようです。ただ、いかんせん犯罪の質が悪い。イメージが悪すぎますね。レギュラー出演していた子供向け番組『おはスタ』(テレビ東京)はコンビの出演見合わせを決定しましたが、今後も影響は出てくるでしょうね。また今回、兼近さんはツイッターで、一応謝罪はしているものの、『今の俺を応援してくれる皆は合格なんだろうとは思うぜ ひゃほ』や『この件は被害者が居なかったかもしれませんが』などと綴っており、本当に反省しているのかという疑問の声も出ています」(スポーツ紙記者)

 見た目通りの耐えられないチャラさ。(zakzak編集部)

関連ニュース