記事詳細

【番記者は見た 松坂慶子・艶と愛の日々】父から「別れるか勘当か。どちらもできないなら死ね!」 小坂一也との“奪取愛” (1/2ページ)

 恋は盲目というが、22歳の松坂慶子は17歳も年上のプレーボーイにはころりとまいっている。

 1974年秋のTBS「阿蘇の女」で共演した元ウエスタン歌手の小坂一也は「青春サイクリング」のヒット曲で知られ趣味ではゴルフや油絵というダンディーな男。

 59年の映画「惜春鳥」で十朱幸代(当時17歳)と共演したのが縁で長い同棲生活。74年の正月に内輪の挙式(事実婚状態)を済ませたが、その10カ月後には松坂に一目ぼれというから評判どおり女性に手が早い。

 小坂が「好きな女性ができた」と打ち明けると、十朱は「すぐに松坂慶子の名前が浮かんだ」と直感で分かったという。何度も怒鳴りあいのけんかをしたが「僕が悪い」と一点張りの小坂に十朱は根負けしている。

 松坂は、小坂と都内のマンションで同棲を始める。73年のNHK大河ドラマ「国盗り物語」に次いで翌年の大河「元禄太平記」にも出演し、人気絶頂の松坂に対し、小坂の仕事は年に数本のドラマぐらい。それでも仕事や人間関係に疲れた松坂は「自分を大切にしなさい」と気遣う小坂に癒やされていたのだ。

 しかし、女性週刊誌などで「奪取愛」と書きたてられると、松坂の父親、英明さんが激怒。一人娘の松坂は一家の大黒柱。親は早くから娘に芸能ごとを習わせ、そのためには食事も減らしたといわれる。

 取材に応じた英明さんは「家庭を壊したかもしれないが、慶子だって傷ついている。結婚しても不幸は目に見えている」と怒りをあらわにしている。そして娘を前に「付き合いをやめるか、親子との縁を切って結婚するか。どちらもできないなら死ね!」と鬼気迫って言い放った。

関連ニュース