記事詳細

「事務所総出でやる」ユッキーナ“タピオカ恫喝”で大炎上! イメージダウン必至、夫・藤本敏史にも影響か (1/2ページ)

 さすがにやんちゃでは済まなくなっている。タレント、木下優樹菜(31)が自身の姉が働いていたタピオカドリンク店をめぐり、“恫喝”のメールを送っていたとしてネット上で炎上、謝罪に追い込まれたのだ。騒動は当事者らが次々登場し、かみ合わない話を繰り返している。

 騒動は今年7月、木下が実姉が働く店について、インスタグラムでまるで姉の店であるかのように〈みんなタピりに行ってね〉などと宣伝したことにはじまる。

 ママタレとして人気の高い木下だけに店はにぎわうが、どこかでボタンの掛け違いが起こり、姉は店を辞めることに。これに木下が激高して、店側に“恫喝”ともとれるダイレクトメッセージ(DM)を送ったのだ。

 〈出方次第でこっちも事務所総出でやりますね〉〈週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ〉

 その一方で、木下は姉が店側と給料未払いなどのトラブルになっていることをインスタで投稿したため、店側には非難が殺到。このため、店側が木下からのDMをツイッターで公開したのだ。

 すると事態は一転。今度は木下がネット上で炎上したのだ。このため、木下は9日付のインスタで、〈この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした〉と謝罪する事態に。

関連ニュース