記事詳細

佐野史郎“笑ってはいけない”腰骨折 日テレ「ガキ使」年末特番ロケ中

 俳優、佐野史郎(64)が年末恒例の日本テレビ系バラエティー特番「ガキの使いやあらへんで!! 年末スペシャル(仮)」(12月31日放送予定)のロケ中に腰の骨を折るけがを負った。全治2カ月の見込み。

 同局によると、ロケは6日に茨城県内で行われた。液体窒素0.5リットルを入れた2リットルのペットボトルをドラム缶に入れ、上部を板と座布団で覆うように設置。その上にラーメンどんぶりを持った佐野があぐらをかき、ペットボトルが破裂した力で佐野が数センチ浮き上がり、その間にラーメンをすすっていられるかという企画だった。

 撮影後に佐野が痛みを訴え、同県内の病院に直行。第三腰椎骨折と診断された。手術の必要はなく、現在は入院中。日テレは「出演者がけがをした事実を重く受け止め、今後はより一層、番組制作において安全対策に万全を期してまいります」と謝罪しているが、テレビ業界、最近、この手の不祥事が多すぎる。

関連ニュース