記事詳細

流行語大賞候補「タピる」に青ざめるユッキーナ… DM恫喝炎上で年末まで“悪目立ち”の懸念 (2/2ページ)

 〈出方次第でこっちも事務所総出でやりますね〉といった木下が店側に送ったとされるDM(ダイレクトメール)の文面がSNSで公開されたため、ネット上で木下に対するバッシングが過熱したのだ。あまりのバッシングに木下もインスタグラムで謝罪文書を公表するはめになった。

 「しかしそれでも炎上はやみませんでした。学祭などの出演が見合わされ、テレビ番組に出演してもネットはすぐに大炎上という事態で、いまだに尾を引いています。好感度もかなりダウンしたようです。そんな中で、タピオカ絡みの言葉が流行語にノミネートされたとあって、ネット上ではさっそく『受賞者は木下優樹菜だ』などの書き込みが散見されます。年末の発表まで流行語の話題になるたびに、『タピオカといえば…』と木下が悪目立ちしてしまう懸念があるのです」と先の週刊誌記者。

 タピオカなのに、ちっとも甘くない話だ。

関連ニュース