記事詳細

沢尻エリカ容疑者、逮捕の彼氏は“供給源” 関係者「彼自身が薬物依存に近かった」

 女優、沢尻エリカ容疑者(33)の違法薬物事件で、合成麻薬MDMAの共同所持容疑で警視庁に逮捕された30代のファッションデザイナー、NAOKIこと横川直樹容疑者(34)。沢尻容疑者の恋人で違法薬物の“供給源”だったとみられている。

 沢尻容疑者は取り調べに、MDMAについて「彼氏から預かったもの」と供述。その彼氏が横川容疑者だったわけだ。彼をよく知る関係者は「彼自身が薬物依存に近かった」と明かす。さらに「横川容疑者の友人が売人として逮捕されたこともあったようです」とも。沢尻容疑者はさまざまな違法薬物を使ったと供述しているが、薬物を供給していたのが横川容疑者とみられる。

 沢尻容疑者は2011年ごろから横川容疑者と交際し、今年6月ごろに破局したが、秋になって復縁。沢尻容疑者が逮捕当日の未明までいた東京・渋谷のクラブに横川容疑者も同席していた。

 12月6日まで勾留延長された沢尻容疑者。尿鑑定が“シロ”になったため、警視庁も起訴に向けて証拠固めに走る。

 元東京地検特捜部副部長で弁護士の若狭勝氏は「極めて重要な逮捕」とした上でこう続ける。

 「沢尻容疑者が起訴される可能性は極めて高い。その上で恋人を逮捕したのは同時並行で取り調べをするためで、沢尻容疑者の勾留が10日延長されたことできっちり話を聞くことができる。警察は入手元の特定など真相を明らかにしたい考えだろう」

関連ニュース