記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】「おとうさんよりも、あとうさん」リポーターとしての影響受けた阿藤快さん (1/2ページ)

 「どうしてもスナックの魅力を伝えたいんだよ!」という私の思いに応えてくれたスタッフと出会ったのが10年前。そうして、がむしゃらで乱暴なスナックへの突撃番組が始まりました。突然のお邪魔に優しく対応してくださったママさんやマスターや常連さまとの触れ合いが、現在の私の指針・芸風となりました。

 そこから派生し、ナイトビジネスの王道であるカラオケメーカー、ジョイサウンドさまに応援していただきスナックへの訪問番組も始まり、既に1000軒以上訪ねたでしょうか。まぁ、酔っ払っているので正確な数は怪しいですけども…。

 10年前の私の原動力であった「スナックの魅力を伝えたい!」という思いは、「にわかブーム」ではなく、「ライフ」となって現在に至っているのです。

 スナックとは業種は違いますが、営んでいる人のイズムが共通するであろう、今年の春から始まった「町中華で飲ろうぜ」という番組をいただいたとき、外回りの仕事こそが玉袋筋太郎の本寸法なのだと確信しました。

 ガキの頃からテレビ、ラジオからしか知恵を入れられなかった私です。その中で、現在の私の仕事に強烈な影響を与えてくれた先輩がいます。本業は俳優でありながらテレビでリポーターをしていた阿藤快さんです。

 阿藤さんのリポーターとしての仕事と人との触れ合いが大好きでした。勝手に自分の中で「おとうさんよりも、あとうさん」だと思うほどに阿藤さんファンだったのです。

 どうにかこうにかの私のキャリアの中で憧れの阿藤さんとお仕事をする機会をいただきました。