記事詳細

【ぴいぷる】成田凌、怖かった現場が“味方”に変わった瞬間 「焦ることをやめたら仕事が楽しくなりました」 (1/3ページ)

 今年は6本の映画に出演し、今、注目度の高い若手俳優だ。

 演じる上で大切にしていることは、「なるべくフラットな気持ちでやる」ことだという。

 「リラックスして演じると、監督の言うことをきちんと聞けたり、相手の芝居をちゃんと感じられたり、自分の新しい意見も生まれてきたりするので、心に余裕をもってやりたいです」

 13日公開の周防正行監督の最新作『カツベン!』ではオーディションで主演の座を射止めた。映画初主演という大チャンス到来だ。

 「プレッシャーはありました。撮影初日前は、『主演ってなんだろう』という漠然とした不安がありましたが、始まったら大丈夫でした。主役ってみなさんのおかげで成り立っているんだなって思いました。今回、素晴らしい監督、キャストの方々がいらっしゃったので、より一層、そう感じました」

 まだ映画が無声だった時代に、上映とともに内容を解説する活動弁士になることを夢見る主人公・俊太郎と、邦画の未来を夢見た人々の群像を描いた物語だ。

 俊太郎が働くことになった小さな町の映画館には、スターを気取る弁士の茂木貴之(高良健吾)や酒好き弁士の山岡秋聲(永瀬正敏)ら、くせ者ばかり。幼なじみの初恋相手(黒島結菜)、大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察(竹野内豊)らが現れ、俊太郎はさまざまな騒動に巻き込まれていく。

 「家族で楽しめる映画です。テンポ感がよく、最初から最後まで楽しく見られます。監督の良さがすべてこの映画に詰まっていて、ユーモア、愛、品がある作品になっています」

関連ニュース