記事詳細

梅宮辰夫さん死去 元東映宣伝部長が明かす「辰兄ィ」豪快伝説 「不良番長」ホコ天でゲリラ宣伝… (1/2ページ)

 12日、慢性腎不全のため81歳で死去した俳優、梅宮辰夫(うめみや・たつお)さん。6度のがんと闘いながらも、最後まで俳優をまっとうした「辰兄ィ」。昭和の銀幕スターらしく、その懐の深い男っぷりは誰からも愛された。東映の元宣伝部長、福永邦昭氏が豪快伝説を振り返った。

 「親分肌だが、威張るわけではなく、面白いことはみんなでわいわいやるのが好きな、やんちゃな人でした」と福永氏。

 自身の代表作である「不良番長」シリーズの宣伝で、キャスト全員が並ぶと「どくろ」の絵が浮かぶという衣装のパンタロンのデザインが気に入った梅宮さん。その衣装で銀座の歩行者天国を闊歩(かっぽ)するという宣伝プランにも「やろう、やろう」と乗り気になったという。

 「ただ銀座のホコ天は宣伝活動が禁止だったので、ゲリラ的なイベントだったんです。今だと絶対にNGですが、そのときは注意をされたら、全員逃げろという感じで。梅宮さんも楽しそうにやってましたね」

関連ニュース