記事詳細

あびる優、離婚後すでに“泥仕合の様相” 双方が長女の養育主張、離婚届提出の経緯など奇々怪々 (1/2ページ)

 格闘家、才賀紀左衛門(30)との離婚が明らかになったタレント、あびる優(33)だが、長女の養育をめぐって、なにやら不可思議な泥仕合にはまり込んでいるようだ。

 2人は2013年秋に知人の紹介で知り合い、14年に結婚。15年5月に長女が誕生している。

 しかしあびるは13日、インスタグラムで離婚を報告。「少しずつ、生活のすれ違いや価値観の違いをお互い感じるようになり、今年に入り、何度も話し合った結果、離婚という結論に至った」とし、今月4日に離婚届を東京都内の区役所に提出していたと説明している。

 「実は、一部メディアが13日にあびるの離婚をネットで一報を出したことで、急遽発表することになったのです。しかしあびるの夜遊びが原因のように報じられたため、所属事務所は夜遊びを否定していました」と週刊誌記者。

 そして、所属事務所は、長女の親権は才賀が持つとしたが、養育については「あびるがこれまでと同様の愛情を持って育てていきます」と公表していた。

関連ニュース