記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】浜崎あゆみ、再ブームへ次の爆弾プランある!? 「騒動を自ら楽しんでいるのではないかと…」 (1/2ページ)

 正月はネタ枯れすることが多い芸能界だが、それを知ってか“お年玉”のような衝撃的な爆弾ネタを放り込んできたのが“歌姫”浜崎あゆみ(41)。

 「1月2日に公式ファンクラブサイトで、昨年11月に極秘出産し“未婚の母”になったことを公表。メディアが感づいていなかったとはいえ、オメデタなら後は発表するタイミングだけの問題。相手のプロフィルを秘密にすることでも世間の関心をひきつけるし、彼女のカリスマ性をもってすれば“選択的シングルマザー”はハンデではなく、むしろファンの共感を呼んでいる。これはいわば彼女お得意のセルフプロデュース、プロモーション戦略ではないか」(スポーツ紙記者)

 気になるお相手は“チームあゆ”の年下ダンサーA氏とされる。すでに妊娠時期であった昨年5月から8月まで全国ツアーを行い、出産直後から大みそかのカウントダウンライブへ向けて精力的に動き、成功裏に終わらせた。そのため一部では「アメリカで代理母出産させた」との噂も飛び出したが、「週刊文春」があゆの母親に直撃したところ、あゆ本人が出産した男の子であることを認めた。

 「最初の夫、オーストリア人俳優のマニュエル・シュワルツと出会って4カ月で電撃結婚したときも発表は2011年元旦、カウントダウンライブの直後。このときもノーマークで世間はびっくり。で、その夫と1年後にはスピード離婚して二度驚いた。さらに13年12月にはロサンゼルス在住の医大生と婚約を発表し翌年入籍しましたが、16年に離婚を発表し、話題に。騒ぎになることを自ら楽しんでいるのではないかと勘ぐってしまう」(ワイドショーデスク)

関連ニュース